主人公

  • 桐山零〈六段〉桐山零〈六段〉
    中学生でプロに昇段し、活躍する高校生棋士。1年遅れで私立駒橋高校に入学。現在、高校三年生、4月生まれの19歳。将棋の才能に恵まれるが、幼い頃家族を失くし、常に周囲から浮いた存在だった。川本家との出会いにより少しずつ成長していく。

川本家の人々

  • 川本あかり
    3姉妹の長女。両親がいない川本家の大黒柱。よき姉として、また母親代わりとして、変わらず妹たちを支えている。泥酔していた零を介抱して以来、零を自宅ににちょくちょく呼んでいる。零の事を温かい目で見守っている。
  • 川本ひなた
    3姉妹の次女。零と同じ私立駒橋高校に通う、高校一年生。両親の離婚や母との死別を経験しているためか、周囲への気遣いが細やかで、明るく元気な女の子。趣味は手芸と和菓子を作ること。将来は、実家の和菓子屋を盛り立てたいと思っている。
  • 川本モモ
    3姉妹の三女。お母さんとお父さんのことは、ほとんど覚えてないけれど、優しいお姉ちゃんたちの下で、毎日元気いっぱい☆ みんなに愛されながら、たくさん笑って、ちょっぴり泣いて…。あっという間に保育園の年長さんになりました。
  • 川本相米二
    江戸っ子口調の川本3姉妹のおじいちゃん。孫たちを溺愛している。和菓子屋「三日月堂」で三月町の名物作りに励んでいる。
  • 甘麻井戸誠二郎
    不倫の末に家族を捨て、三月町を去った川本3姉妹の父。現在も新たに不倫中。まともな人間性は残っていない…?
  • 美咲
    相米二の娘で川本3姉妹のおば。プロ棋士も御用達の「バー美咲」のママをしている。
  • 川本実香子・彩
    すでに亡くなってしまった3姉妹の母と祖母。幸せな記憶は家族の中に生き続ける。
  • 高橋勇介
    ひなたの幼なじみ。プロ野球を目指す野球少年。将棋の世界ですでにプロとして活躍する零を尊敬している。

幸田家の人々

  • 幸田柾近〈八段〉
    零の実父の友人で、家族を亡くした零を内弟子として引き取った。温厚だが将棋には厳しく、実子の香子と歩の棋力が零よりも劣っていると悟り、将棋の道を諦めさせた。そのため親子間に微妙な溝が生じている。
  • 幸田香子
    幸田家の長女。父の歓心を奪っていった零に対して、愛憎相半ばする感情を抱いている。父の弟弟子であるプロ棋士の後藤を好きになり、微妙な関係を続けている。
  • 幸田歩
    幸田家の長男。

将科部(放課後将棋科学部)

  • 林田高志
    零の1年の時の担任。零がプロ棋士であることを知っており、零を気にかけている。将棋ファン。
  • 野口英作
    私立駒橋高校・科学部員。零の先輩。科学の素晴らしさを若い人に伝えることを目標にしている。

プロ棋士たち

  • 二海堂晴信〈五段〉
    零と同年代で、同じ研究会に所属する棋士。情熱の塊で、病弱な体を押して将棋に全力を傾ける。子供の頃から対局している零を「心友」と称し、高め合うライバルと目している。零と二人で伝説を作るのと、自分の名前を冠した戦法を生み出すのが夢。
  • 島田開〈八段〉
    山形出身のA級棋士。名人・宗谷と同い年で、今は大きく水をあけられているが、諦めることなく努力を続け、ゆっくりとだが地道に実力を上げている。人のことを気遣う性格で面倒見がよく、弟弟子の二海堂や研究会の後輩の零に慕われている。
  • 宗谷冬司〈名人〉
    史上四人目の中学生プロデビュー以来、数々の記録を塗り替えてきた天才棋士。十数年間、圧倒的な強さで頂点に居続ける。
  • 後藤正宗〈九段〉
    周囲に凄みを利かせる強面棋士。どっしりとした重厚な将棋が持ち味。幸田八段の弟弟子だったことがある。既婚者。
  • 三角龍雪〈六段〉
    愛称は「スミス」。「軽く」「広く」の軽快な将棋が持ち味。
  • 松本一砂〈五段〉
    性格同様ストレートで攻撃的な棋風。スミスと仲がよく、将棋会館のムードメーカー的存在。
  • 柳原朔太郎〈棋匠〉
    66歳のA級棋士で、現役プロ棋士の中でも最年長。老練さと年齢にそぐわない力強い棋風を兼ね備えた、現役屈指の実力者の一人。
  • 藤本雷堂〈九段〉
    打倒、宗谷を掲げる熱血漢。その威圧感で零にA級の恐ろしさを植え付けた。
  • 土橋健司〈九段〉
    真面目過ぎて華はないが、将棋のことになると頑固で、努力の凄まじさは島田を唸らせるほど。移動は必ず電車。
  • 隈倉健吾〈九段〉
    泰然とした構えとその風格は棋士の中にもファンが多い。対局中の豪快なおやつの食べっぷりは、もはや名物。
  • 滑川臨也〈七段〉
    相手の運命がかかった一局に、神がかった力を発揮する疫病神。対局中に相手の顔を覗き込むクセがある。実家は葬儀屋。
  • 山崎順慶〈五段〉
    五段以下、26歳未満の棋戦である新人戦で4度優勝している。イカつい見た目でとても新人には見えない。レース鳩を育てている。
  • 入江健一郎〈五段〉
    プロ入り23年目で勝率6割2分以上。子供の頃の遠泳経験から、ちょっとやそっとでは心を乱さない。缶しる粉がエネルギー源。
  • 横溝億泰〈七段〉
    安定した成績で同年代の中でも実力派。信条は、「女は裏切っても駒得は裏切らない」。
  • 蜂谷すばる〈五段〉
    23歳C1で早指しが得意。舌打ち、びんぼうゆすり、デカイ態度が特徴で「東のイライラ王子」と呼ばれている。意外と愛されキャラ。
  • 櫻井岳人〈七段〉
    30歳B1。気に入った人やライバルを山登りに誘い、精神的に支配する(天然・悪意皆無)。優美な振舞いと微笑で棋界集客率No.1。
  • 神宮寺崇徳
    日本将棋連盟現会長。第十六世名人で、7期名人を務めた経験を持つ。無類の釣り好きで、世界の海で竿を振る。
  • 花岡
    二海堂の執事。献身的に尽くすが、主人にGPSを取り付けるなど、度が過ぎる面も。

(C)1998 HAKUSENSHA, all rights reserved.
このサーバー上のデータの著作権は、全て白泉社が保有します。無断複製・転載・放送等は禁じます。
このサイトに関するお問い合わせはこちらへ。